#3 FINAL FANTASY XI

さてさて第3回となる今回ご紹介するゲームはこれ!

『ファイナルファンタジー11』

ここでまさかのFF11です。

FFといえば、『Ⅴ』(バッツ)、『Ⅶ』(クラウド)、『Ⅹ』(ティーダ)が人気なのでは。また、オンラインでは新作の『ⅩⅣ』がありますし、今では話題になることすらないかも。それでも、昔ハマッたよ!という方も多いはず?私もそんな中の一人で毎日夢中でプレイしました。しすぎました。

現在では大型アップデートは終了し15年前とは環境がガラリと変わっているようですが、当時の『FF11』のお話を少しばかり。(ただの昔話)

スポンサーリンク

パーティー組んで協力プレイに大興奮


オンラインゲーム(MMORPG)をプレイするのが初めてだったこともあり、パーティーを組むだけでおもしろかった!

今までのゲームではパーティー全部を操作できますが、オンラインゲームでは自分のキャラだけ。後は他のプレイヤーさんと会話でコミュニケーションを取って協力します。まさに冒険者気分!

誰にとっても初めてプレイするオンラインゲームというのは特別なものになるのではないでしょうか。

このゲームレベル上がらないよ!

衝撃でした。

レベル上がらないんですけど。。。経験値が果てしないんですけど。。。デスするとめっちゃ減るんですけど。。。

最初はそれなりに上がるんですが、1日中プレイして3レベル上がったのが2レベルになり1レベルになり、そのうち1週間で1レベル上がるとかいう。なにかの修行ですか?はい修行です。という位、プレイする=経験値稼ぎでした。その上、デスすると経験値が1割(?)減ってレベルが下がることもしばしば。

ほんとに経験値に厳しいゲームでした。それでも、パーティー組んでバトルするのが楽しかったですね!

レベルキャップ開放・専用装備・ダンシングエッジ

「キュイーーン、ザシュ、ザシュ、ジャッ、ジャッ、ドカカーン!」

うおおおおーーー!かっこ良すぎるよ!ダンシングエッジ!

この頃が一番夢中でした。レベルが60まで上がるようになり、ジョブ専用装備で見た目が立派になり、ダンシングエッジという強力な技が使えるようになり、さらには拡張パッケージでジョブ追加。

バージョンアップやイベント、拡張パッケージでどんどん広がる『FF11』の世界『ヴァナティール』。ものすごい勢いを感じていました。『よこだま』というテクニックもあり、ほんとに懐かしいです。

※よこだま:不意打ち・だまし討ちの効果を敵の後ろからではなく、横から入れるテクニック。

気づいたら朝どころか、5年過ぎてた

浦島太郎のような気持ち。

他のゲームは一切せず『FF11』だけをプレイして、ふと気づくと5年近い月日が。。。

「さすがにマズイ!」これがオンラインゲームにハマることかと身をもって体験。クリアがないのでずっとプレイできてしまうんですよね。面白すぎるのも困りもの。

プレイしてはいないのですが、現在の『FF11』はレベル上げが簡単で、しかもソロで全てのイベントをクリアできるとか。

このゲーム、ストーリーや音楽も最高ですので、一人用RPGとしてまた再プレイしようかと考え中です。

FINAL FANTASY XI ~ヴァナ・ディールの贈り物~故郷を称えて、冒険の想い出~(映像付サントラ/Blu-ray Disc Music)

スポンサーリンク